【音楽】名曲・名演セレクション その23 Syrup16g / 赤いカラス

 はむリンガチャ第二弾に手持ちの馬蹄石1700個全部ブチ込んだ所、ダンシングブレーヴもラーイもルメールも一個も当たらなかった管理人です皆さんこんばんわ。しかも一応サブアカもガチャ回したら、ダンシングブレーヴルメールも割とあっさり出るっていうね…。違うんだ…出て欲しかったのはそっちじゃないんだ…。メインアカ、マキャベリアンと蛯名は結構当たったんですけどね…何なのもう…月曜の夜はダンシングブレーヴの配合考えてあんなに楽しかったのが嘘のようだわ…やっぱりオジジアンの配合考えるしかないのか。電卓で計算した所このような悲惨な事故が起こる確率は約3.3%と知り、さらに落ち込んだ次第です。まぁ前回のはむリンガチャにおいて、サブアカの方で無料十回からスピードシンボリ引いたりもありましたし、最終日までにいくらか馬蹄石も溜まる予定なんで、諦めてはいませんけどね。てかそうとでも考えないとやってられん…。

 というか、1700個馬蹄石使って結局引けた才能が四種類合わせて8回ですよ。しかも肝心のルメールがゼロ。これが昔の才能ガチャだったら、1500個馬蹄石使ったら才能が計15回、ルメールも確実に5回引けてた訳ですよね。マキャベリアンとかお守りとかその程度じゃこの差はとても納得できないですよ。別にはむリンガチャをやるなとは言わないけど、頼むから以前の才能付きガチャもやって欲しいですね。つうか2周年キャンペーンとかやっといて、上級者に追いつきたいビギナー勢への配慮が何故無い訳?馬鹿じゃないの?本当もう、今回初めてダビマス辞めたくなりました。

 


赤いカラス

 現時点での彼らの最新作である10thアルバム、Delaidbackの7曲目。三回連続Delayシリーズってのはどうかとも思ったんですが、楽曲の良さには抗えませんでした。まぁDelayシリーズはそれだけ傑作揃いと考えて頂ければと思います。

 まぁ解散までの経緯はwikipediaなり見てもらうとして。五十嵐は解散後割とすぐ、犬が吠えると言うバンドを結成します。メンバーは残響レコード代表でもあるkono氏とあと女性2名ですね。ライブをやったり五十嵐が雑誌の表紙になったり、これから頑張っていくのかなと思ってたら、割とすぐよく分からない理由で解散、以降かなりの間五十嵐消息不明の状態が続きます。で2013年に突然「生還」と題されたソロライブが開催され、幕が開いてみればバックは元Syrupの二人だった、以降再結成へと続くと言う感じです。ちなみに現在はここ数年五十嵐がSyrupを頑張っていたのでお休み中、五十嵐が元気になるのを待っている状態です。

 でさてこの「赤いカラス」という曲ですが、元々は上に書いた犬が吠える時代にライブでやってた曲になります。出来に自信があったんでしょうね、「生還」ライブでも披露され、このアルバムへの収録をもって正式にSyrupのレパートリーになった次第です。まぁ実際これだけの名曲が埋もれないで良かったですよ。恐らく基本はシンプルな循環コードだと思われるんですが、それを見事これだけの名曲に仕立て上げるんですから。これが例えでっち上げ魔法だろうと何だろうと、本当素晴らしい仕事だと思いますよ。一部五十嵐の事を才能が枯れただの言う向きもあるようですが、私に言わせれば相変わらず天才的です。今回取り上げたのは書き溜めてた曲群を放出したDelayシリーズからの一曲ですが、新たに書き下ろしたアルバムでも、例えばdarcとか相当良いと思いますよ。という訳で、私は天才五十嵐率いるSyrupの活動再開を気長に待ってます。

 

 毎週水曜四回に渡ってSyrup16gを取り上げてきましたが、まだ全然行けますね。私の音楽の趣味的に洋楽より邦楽の方が先にネタ切れすることを危惧してるんですが、またネタに困ったらSyrupを取り上げようかと思います。

 そうだ、Vennartの2ndアルバムが月曜日家に届きました。その内詳細を記事にするかもしれません。以上、ちはやふる40巻とウマ娘のトレイラービデオで心の傷を癒している管理人でした