【音楽】名曲・名演セレクション その103 はっぴいえんど / 風をあつめて

 今日の定期更新は、アルバムが今度再発されるらしいという事で、はっぴぃえんどです(別に大して特筆すべきリリースでは無いんですが。マスターも旧盤のものらしいし)

 


【高音質】はっぴいえんど 風をあつめて

 はっぴいえんどの2ndアルバム、風街ろまんの3曲目。

 当時の音楽シーンにおけるはっぴいえんどの位置付けとか、はっぴいえんどから連なる音楽的系譜とか、私が足りない知識でウダウダ書くより、分かり易く解説して下さる動画を見つけたので、そちら御覧下さい。


日本ロック史解説vol.2 日本語ロック論争とはっぴいえんどの登場

 何かまぁ、こういうロック史観には異論もあるみたいですけどね。例えばwikipediaはっぴいえんどのページとかその辺が長々と書いてあるので、気になる方は読んでみて下さい。と、流石にこれだけで記事終わらせるのもアレなので、少しはプラスして書きます。この「風をあつめて」はVo. 細野晴臣ですね。ネット検索して裏付ける記事を見つけられなかったのでちょっとあやふやなんですけど、確か細野さんは昔自分の声の低いところがあまりお好きじゃなかったんですよね。だからこの曲の録音も声の低域をカットした風になっている。今の細野さんはその辺のコンプレックスも克服して、味わい深いバリトンヴォイスを聴かせてくれますが。後はこの曲だけでなくアルバム全体の話ですが、松本隆による歌詞ですね。米西海岸の影響を受けたサウンドに詩情豊かな日本語の歌を載せた完成度の高いアルバムが日本語ロック論争を終わらせたというのも、とても説得力を感じる話ではあります。実際どうだったのかとか突っ込まれたらどうなんでしょうって感じでもありますが。

【ロマサガRS】タンザーとの戦い Romancing 何とかクリア

f:id:KSHN:20200215111752p:plain

f:id:KSHN:20200215111809p:plain

 なかなか苦労しました。チャレンジ3と合わせて10回弱はリトライしたかと。基本的にソウルフリーズを撃たれたら麻痺続出で詰みです。金剛石のネックレスを装備させた程度では焼け石に水という感じですね。主防具も含めて耐性もっと高めたら対麻痺はもう少しマシになるんでしょうが、どうなんでしょうね、取り巻きも含めて他の攻撃もかなり強力なので。それより普段のセオリー通り防具を付けて、ソウルフリーズを打たれて麻痺しまくったら大人しくリトライって方が良いような気がします。クリアした時は確かソウルフリーズ撃たれたけど運良く麻痺が一名だけで済みました。

 チャレンジ3とRomancingでは取り巻きのHPがかなり違い、それに合わせて行動を変える必要があるかと思います。チャレンジ3では1ターン目に暴れ人形乱舞と千手観音で取り巻きを一体確殺し、あとは可能な限り毎ターン一体取り巻きを倒す事を目指しました。Romancingはチャレンジ3と比べて取り巻きのHPがかなり低いので、全体攻撃とか範囲攻撃連発してたら勝手に死んでいきます。ただRomancingはタンザー本体のHPが高いんですよ。先述したソウルフリーズもあるので、残り一体になったら可能な限り早急にボコる必要があります。

 メンバーですが、当初は全体知力デバフを狙ってアセルスを入れたりしてたんですが、それより純粋に火力を高める方が良いと判断し、アザミに切り替えました。ウィルは素早さデバフで敵が行動する前にスタンさせるってのを狙っての起用だったんですが、効果があったのかどうか。無いよりはマシに出たとは思いますが、もっと攻撃力あって素早さも高いキャラをお持ちならそっちの方が良いかも、という気もします。

 

f:id:KSHN:20200215114527p:plain

 二カ月強続いたスタミナ実質無限期間が遂に終わってしまいましたが、皆さんスタ剤どれだけ残りました?私は結局これだけ残りました。最近の感覚で土日に一日中ハムハムすると手持ちのスタ剤すぐに使い切ってしまいそうで、今ちょっと怖気づいてます。周回のために石割るまではしたくないので。

【映画】劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン特報第2弾が公開


『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特報第2弾 2020年4月24日(金)公開

 やはり、という感じでしょうか。四月末といえば聖剣伝説3も欲しいと思ってるんですよね。中旬にマストバイのCDも結構出るし。購入計画を立てておく必要がありますね。

【音楽】こんな動画見つけた

 最近YouTubeでEdの動画を観る事が多かったのですが、そのせいかレコメンドにこんなのが上がってきました。

 


Ed O'Brien Teaches how to play Creep

 …Ed本人のようにも見えますが自信が無いです(困惑)仮に本物だとするとこの動画の出所は?もしオリジナルだとしたらこの動画をアップしたZopi Tchockなる人物はかなりRadioheadに近しい人物という事になりますが。何となくThom Yorkeがいつも名乗る変名っぽいユーザー名ですけど。いや、まさかね…。という訳でこの動画やアップしたユーザーについて何か情報をお持ちの方、お寄せ頂けると有り難いです。

追記:Zopi Tchockというキーワードでググるという現代人として当然の嗜みをようやく思い至ったのですが、Radioheadのファンを自称するtwitterのアカウントが出てきますね。最近は発言されてないみたいですが。やっぱりこの動画は転載?よく分からないですね…。

【ダビマス】父父シアトルスルー1977の配合をやってみる

 大概遅くなりましたが、今回は先日実施された第23回公式BCの香港ヴァーズを狙って行った配合を御紹介致します。シアトルスルーは一回薄めたら見事系統に入るのがRoとSwという事でジャック配合がまんま使えるのですが、それだとあまりクロスを入れ辛いと感じたので新たに配合を起こしました。ヒントとしては以前よくやってたダンスウォーフロント配合ですね。そこからダンチヒの二回薄めにアイデアを拡張しました。先に今回の配合のアピールポイントを書くと、かなりシンプルです。二回薄めとかしてますけど、全体的に行う配合行程はかなり少ない方かと思います。それではまず配合を書き下します。

 まず繁殖牝馬作りの配合が

Hampton系牝馬

 ×

キングマン

 ×

ストロングエイト

 ×

ダンスインザダーク

 それと配合する第一の自家製種牡馬

ラルジュメール

 ×

ノヴェリスト

 ×

トキガキタノダ×ダンチヒ

 さらにそれと配合する第二の自家製種牡馬

ビリーヴ

 ×

キングズベスト

 ×

シアトルスルー1977

 以上です。

f:id:KSHN:20200126192745p:plain

  血統表です。成立する配合理論は、第一の〆が完璧な配合にRaise a Nativeの5×5、第二の〆が完璧な配合にNorthern Dancerの4×5、キートゥザミントの5×5、ミスタープロスペクターの5×5、サンデーサイレンスの5×3、第三の〆が完璧な配合にキングマンボの4×5、サンデーサイレンスの4×4、ダンチヒの5×4、それと多分第三の〆は相性0です。

 

 初段のダンスインザダーク完璧はもう細かくは良いですよね。ぶっちゃけ配合時の血統表も撮り忘れてたので省かせて下さい。

f:id:KSHN:20200126194445p:plain

f:id:KSHN:20200126194543p:plain

 後継はこの二頭にしました。スピードはどちらも十分否定。スタミナは上94、下86。ここの配合は他にもスピAが出たりと結構良い感じでした。ストロングエイト牝馬はBCだったのですが、ひょっとしたらBでも上位だったのかもしれませんね。

 

f:id:KSHN:20200201145941p:plain

 トキガキタノダ×ダンチヒ1992のウマゲノムです。上手い事スピBが出てくれれば、新たにできたオベリスク牧場記念も勝てますかね?今回のプレイではスピスタCDしかも超早熟と悪い方に転ぶ結果でしたが、何とか気合でGⅠ8勝させ、あとは飾馬を使いました。

f:id:KSHN:20200201150410p:plain

  薄め二回目は相性完璧でした。そこそこ実績は積めました。

f:id:KSHN:20200209141152p:plain

f:id:KSHN:20200209141213p:plain

 で用意したダンチヒ二回薄め5頭です。割とラッキーな感じ。あと気になる方が世界に一人くらいはいらっしゃるかもしれないと思うので書きますが、種牡馬命名をちょっとミスりました。ここはいつもなら人名を付けるところなんですが。シアトルなんでPearl Jamですね。Nirvanaは関係する固有名詞の数が少ないと思ったので避けました。

f:id:KSHN:20200209141723p:plain

 第二の〆は完璧な配合にNorthern Dancerの4×5、キートゥザミントの5×5、ミスタープロスペクターの5×5、サンデーサイレンスの5×3です。長距離クロスが無いですが、その代わりに底力が多めになっております。ぶっちゃけダンチヒって初めて使ったのでその辺の匙加減は分からないんですが。

f:id:KSHN:20200209142140p:plain

f:id:KSHN:20200209142159p:plain

 ABスタミナ94牝馬のウマゲノムです。種牡馬の実安は一番下がBA、他は全てAA。もう一頭もウマゲノムしましたが同じような感じでした。これを見るとダンチヒってちょっとスピード寄りなのかなという感じもしますが。

f:id:KSHN:20200209142640p:plain

 ABスタ94牝馬の繁殖実績です。種付けしたのは、最初10頭がAA、ラスト2頭がBAです。

f:id:KSHN:20200209142902p:plain

f:id:KSHN:20200209142935p:plain

f:id:KSHN:20200209143014p:plain

f:id:KSHN:20200209143042p:plain

f:id:KSHN:20200209143114p:plain

f:id:KSHN:20200209143140p:plain

f:id:KSHN:20200209143208p:plain

f:id:KSHN:20200209143234p:plain

f:id:KSHN:20200209143303p:plain

f:id:KSHN:20200209143332p:plain

f:id:KSHN:20200209143405p:plain

f:id:KSHN:20200209143441p:plain

f:id:KSHN:20200209143618p:plain

 ABスタミナ86牝馬の繁殖実績です。種牡馬はこちらも最初10頭がAA、ラスト2頭がBA。

f:id:KSHN:20200209143945p:plain

f:id:KSHN:20200209144014p:plain

f:id:KSHN:20200209144050p:plain

f:id:KSHN:20200209144126p:plain

f:id:KSHN:20200209144156p:plain

f:id:KSHN:20200209144227p:plain

f:id:KSHN:20200209144302p:plain

f:id:KSHN:20200209144429p:plain

f:id:KSHN:20200209144502p:plain

f:id:KSHN:20200209144541p:plain

f:id:KSHN:20200209144623p:plain

f:id:KSHN:20200209144705p:plain

 以上24頭生産して、スピード:A11頭B13頭、スタミナ:B22頭C2頭という結果でした。スピードはどれも明らかに非十分なのばかり、スタミナは最高98まで確認しました。やはりスタミナが足りない感じですね。この配合をもし改めてやるなら、ここで長距離クロスを足せるよう弄った方が良いかもしれない。パッと思い付いたのがトキガキタノダの代わりにスプリングマンボ×ジャワゴールドで自作するという手ですが(細かい検証してないので粗があるかも。もしやってみようという方いらっしゃったら事前のシミュレーションをお勧めします)

f:id:KSHN:20200209145649p:plain

f:id:KSHN:20200209145740p:plain

f:id:KSHN:20200209151623p:plain

 後継に選んだ牝馬3頭です。上から順にスタミナ98、86、85。確かもうちょいスタミナ良いのを後継にしようと粘ったりもしたんですけど、全然スピAでスタミナも高い牝馬が産まれなくて。でしょうがなくという感じです。

 

f:id:KSHN:20200209150158p:plain

 ビリーヴ×キングズベスト牝馬です。ラインの工程が少ないんでその分ステータスを上げるのが大変というのはありますが、最初の配合でこのくらいの牝馬が引ければ、あとはシアトルスルー産駒は逃げ固定なので「守護神」付けとけば大体何とかなると思います。

f:id:KSHN:20200209150511p:plain

f:id:KSHN:20200209150542p:plain

 用意したシアトルスルー一回薄め6頭です。晩成ばっかりですね。母とか母父の影響が強く出たのかな。最後の〆の配合でダンチヒの早熟因子が入るので中和したら良い感じに普通になるという考え方もできますが、うーんどうなのかな。

f:id:KSHN:20200209150848p:plain

 第三の〆は完璧な配合にキングマンボの4×5、サンデーサイレンスの4×4、ダンチヒの5×4、それと多分相性0です。

f:id:KSHN:20200209153047p:plain

f:id:KSHN:20200209153105p:plain

 ABスタ86牝馬のウマゲノムです。種牡馬は一番上がBA、他全てAA。スピードはそれなりですが、スタミナがどうにもイマイチですね。この配合は重馬場の香港ヴァーズを狙って行ったものなので、スタミナもとても大事だったのですが。

f:id:KSHN:20200209151836p:plain

 最初にABスタ98牝馬の繁殖実績です。一番ステータス良さげな牝馬に最初の5回は実績Bを種付けという勿体無い事をしてますが、確か種牡馬化がまだ進んでなくて、用意できたのが実績Bしかなかったんですよね。一年繁殖入りを遅らせてるのはまぁ今はお守りもあるしそんな実害無いですが、実績に関してはやはり勿体無いですね。

f:id:KSHN:20200209152415p:plain

f:id:KSHN:20200209152449p:plain

f:id:KSHN:20200209152518p:plain

f:id:KSHN:20200209152541p:plain

f:id:KSHN:20200209152634p:plain

f:id:KSHN:20200209152659p:plain

f:id:KSHN:20200209152731p:plain

f:id:KSHN:20200209152804p:plain

f:id:KSHN:20200209152838p:plain

f:id:KSHN:20200209152855p:plain

f:id:KSHN:20200209152918p:plain

f:id:KSHN:20200209160501p:plain

 ABスタ86牝馬の繁殖実績です。種牡馬は全て実安AA。

f:id:KSHN:20200209160714p:plain

f:id:KSHN:20200209160740p:plain

f:id:KSHN:20200209160814p:plain

f:id:KSHN:20200209160845p:plain

f:id:KSHN:20200209160912p:plain

f:id:KSHN:20200209160946p:plain

f:id:KSHN:20200209161007p:plain

f:id:KSHN:20200209161045p:plain

f:id:KSHN:20200209161119p:plain

f:id:KSHN:20200209161146p:plain

f:id:KSHN:20200209161219p:plain

f:id:KSHN:20200209161235p:plain

f:id:KSHN:20200209161309p:plain

f:id:KSHN:20200209161341p:plain

f:id:KSHN:20200209161425p:plain

 最後にABスタ85牝馬の繁殖実績です。これも種牡馬は全て実安AA。

f:id:KSHN:20200209161636p:plain

f:id:KSHN:20200209161706p:plain

f:id:KSHN:20200209161740p:plain

f:id:KSHN:20200209161804p:plain

f:id:KSHN:20200209161833p:plain

f:id:KSHN:20200209161902p:plain

f:id:KSHN:20200209161926p:plain

f:id:KSHN:20200209161952p:plain

f:id:KSHN:20200209162016p:plain

f:id:KSHN:20200209162038p:plain

f:id:KSHN:20200209162103p:plain

 という訳で30頭生産して、スピード:A20頭B10頭、スタミナ:B21頭C9頭、成長タイプ:早熟5頭普通12頭晩成13頭、非凡付き:6頭という結果でした。スピードは110台まで、スタミナは精々90まで(今回は面倒臭いのでスピBの馬のスタミナは計測してません。そっちもしてたらもうちょい上がいたかも)という結果でした。スピードはもうちょい粘れば十分も出るかもって感じですが、スタミナが全然出なかったのが痛いですね。今回の配合の狙いからすると失敗と断じざるを得ない。あと成長タイプ、結構晩成に寄りましたね。今回用意した肌は全部早熟か普通タイプで、しかもダンチヒの早熟因子があるんでもっと早熟がバンバン出るかと見込んでたんですが。今回の結果から見ると、産駒の成長タイプに最も強く影響するのは父のタイプ、母やクロス因子はそこまで、って感じになりますが。まぁここは今後も見ていきましょう。追記:父の影響が最も強く出るとすると、シアトルスルーの自家製種牡馬が晩成ばかりになった事との整合性がイマイチ付かないですね。うーん、取り合えず良く分からないという事でお願いします。

 

 という訳で父父シアトルスルー1977の配合については以上です。今回の配合の教訓としては、良さげな非凡でスピードの高い馬を生産するだけでなく、スタミナや成長タイプまで含めたトータルで生産したい馬のイメージを持ち、それに配合の決定から実践まで合わせていく、という事でしょうか。…まぁ言うは易く行うは難しなんですけどね。

 今後の配合記事の予定ですが、取り合えずやりたい配合が2つあるのでもうちょい続けます。ただ最近、全然ダビマスしてないんですよね。平日は余りに学校がしんどくて、休日は寝てたりタスクをこなしてたりしたら終わっちゃう感じで。なので多分、三月になったらプレイ再開して四月のちょっと前に記事にするみたいな感じになると思います。一応予定としては、三周年のタイミングで手に入れた才能枠5の種牡馬がもう一頭いるので、それを使った配合をやるつもりです。公式BCとかガン無視で。

【音楽】名曲・名演セレクション その102 John Cale / (I keep a) close watch (Live)

 今回の定期更新も昨年に引き続き時候ネタで行こうかと思ったんですが、選曲に苦戦いたしまして。バレンタインをテーマにした曲、邦楽でも意外と少ないですけど、洋楽なんてほぼ皆無じゃないかってくらい無いんですよね。チョコレート絡みとかならいくらかある感じでしたが。唯一思い付いたのがジャズスタンダードのMy Funny Valentineですね。ただこれも良い演者が思いつかなくて(当てが無い訳では無いのですが、正直もっと別の曲で取り上げたかった)。という訳で今回は普通にラブソングにしてみました。って記事書きあげて何なら一回ポストした後になってふと思いましたが、バレンタインに絡めてラブソングを紹介するなら女性の歌の方が良かったでしょうか。まぁ女性から一方的って日本独自らしいし、あんま気にしないで下さい。私がラブソングと言って思い付いたのが第一にこの歌だったんですよ。

 

 92年発表のライブアルバム、Fragments of a a Rainy Seasonの18曲目。私は2016年にボーナスディスク付きで再発した際のバージョンで持ってます。ただ現在は入手難しいみたいですね。うーん、良いアルバムなんですが。

 でさて、John Caleというと皆様御存知(でしょ?知らない方、詳しい説明はその内別の記事に書きますので)The Velvet Undergroundのオリジナルメンバーでございます。元々クラシック・現代音楽を学んできた人でしてVUでもアヴァンギャルド担当みたいな認識がメインかと思われます。確かにVUの2ndアルバム、White Light/White HeatはJohn Cale色が強く出たアルバムと言われていて、またJohn Cale脱退後のアルバム2作は過激度控え目になるのは事実ではあるんですが、ただJohn Caleはそういう過激な音楽家とばかり思っているとJohn Caleという人の才能を大きく見誤る事になるんじゃないかな。私も正直John Caleの作品をそこまで深く聴き込んでいるとは言えないんですが、彼のソロ作品は王道寄りから捻りを利かせたものまで様々な歌物、またはインストゥルメンタルまでとにかく多様でございます。そういう意味ではLou Reedも大概振れ幅の広かった音楽家でしたし、似た者同士だったんでしょうね。あとついでにJohn Caleはプロデューサーとしても有名作品を手掛けてます。例えばThe StoogesとPatti Smithのそれぞれ1stですね。

 でそのJohn Caleの作品の振れ幅の中で、最もシンプルな歌物に寄ったのがこのライブアルバムでないかと思います。Elvis Presleyや、そしてJeff Buckleyの元ネタとなったLeonard Cohenのカバーも含めて、彼のキャリアを通じての代表曲をピアノやギターの弾き語りでじっくりと聴かせてくれます。John Cale、良い声してるんですよね。今回は一曲しか取り上げませんが、できればアルバム全編聴いてみて頂きたいですね。

 曲についても簡単に触れておきます。オリジナルは75年発表のHelen of Troy収録。美しい。素晴らしい。以上。

【音楽】Ed O'Brienのデビューアルバムは4月17日発売

レディオヘッドのエド・オブライエン 初ソロ・アルバム『Earth』を4月発売、新曲「Shangri-La」試聴可 - amass

 The 1975の新譜も4月予定ですね。購入計画立てとかないと。


EOB - Shangri-La

 これはまたという感じの新曲がこちら。各レイヤーが好き勝手動いているようでありながらヘッドホンで聴くと不思議と統一感があるという。あと新曲でディストーション弾いてるのかなり久しぶりじゃないですかね。Daily Mailとか以来?

2/8追記:国内盤も同日発売と発表されました。という事で記事タイトルちょっと弄ってます。

レディオヘッドのEOB、ソロ・デビューAL『アース』を4/17にリリース! 新曲とメイキング動画も公開 (2020/02/07) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)