【音楽】名曲・名演セレクション その6 GEZAN / Absolutely Imagination

 サクラローレル配合完了しました。全然良い結果ではなかったんですが、一応今週末にでも記事にまとめたいと思います。公式BCに出す馬も結局前からいた馬になりました。頑張って欲しいけど、期待薄かなぁ。そうそう、公式BCの出走馬登録は今日19日が締め切りですので、まだの方はお早めに

 さて、定期ポストの音楽記事は前回に引き続き、そろそろ新作発売アーティスト、今度はマヒトゥ・ザ・ピーポーのテレビ出演で知名度も更に上がった?GEZANです。

 


GEZAN「Absolutely Imagination」

 本当は『瘡蓋と爆撃機』を紹介したかったんだけど、何故かリンクが貼れなかったのでこの新曲にしました。ふざけてやがる。

 GEZANの良さを簡潔に紹介すると、

・パンクバンドなのに演奏がやたら上手い(でもプレイはあくまでもパンキッシュ)

・ヴォーカルであるマヒトゥ・ザ・ピーポーの書く詩がとても良い

 こんな感じでしょうか。とにかくカッコいいので、ロックが好きなら是非GEZANの音楽に一度耳を傾けてみて欲しいですね。

 前ドラムのシャーク・安江、良い腕してたんで脱退後どうなるかちょっと不安だったんですが、この曲での新ドラマー石原ロスカルのプレイを聴く感じ、その点は問題無さそうですね。あとはニューアルバム、この曲とかの感じでは爽やかな方に向かうのかなと思ってたんですが、スティーブ・アルビニ録音という事でどんな感じになるのか予想できないです。GEZANの新作も買うつもりなんで、その内感想書きます。

 

 とここまで記事を準備してたんですが、この曲アルバムには入らないみたいですね。急遽取り上げる曲を変えようかとも思ったんですが、アルバムに入る予定の曲群も何故かリンクを貼れないんで、このままで行きます。本当このはてなブログのシステムはムカつく。興味ある方はYouTubeで探してみて下さい。No GodとBody Oddって曲がアルバム収録予定です。

【音楽】名曲・名演セレクション その5 くるり / ロックンロール (Live at Factory)

 ダビマスのコラボ、現時点でメインアカとサブアカ両方にヒデブッを確保、あとメインアカはサザンヘイローとホクトシチセイゴー20XXをゲットという事で、取り合えず満足しております。無想転生はLv.1だけ手に入ってるんでそれで自分は十分かな。そりゃできればマックス欲しいけど、金銭的に無理ですね。競馬好きお兄さんの最新動画観ましたが、今回のガチャは修羅の道過ぎる。まだキャンペーン期間はたっぷりあるので、あとはできるだけ才能とか種牡馬とか繁殖牝馬とか集めておくつもりです。

 さて書き溜めておいた音楽記事ですが、今回はそろそろニューアルバムが出るくるりです。

 


くるり - ロックンロール (LIVE)

 本当はアンテナの中ならHow to Goが一番好きなんですが、How to Goはライブで音源の逆回転ギターソロ?が完全再現できてないので、同じくらい好きなこの曲にしました。

 くるりのアルバムの中でどれが一番好きか?という問いはくるりファンの中でも意見の分かれるテーマと思うのですが、私は5thアルバムのアンテナが一番好きです。彼らにしては絞ったサウンドの世界観に、渋い楽曲と適度にキャッチーな楽曲が併存している感じ。そしてドラムのクリストファーですね。あのキャラクターとパワフルなドラミングが忘れられないくるりファンも多いのではないかと思います。それにしてもこの動画で岸田が弾いてるテレキャス、めっちゃ良い音しますよね。太めの弦を張ってるらしいのでそれも一因かとは思いますが(私は太めの弦が好きです)。こんな当たりのギター持ってたらギタリスト人生がさぞ楽しいでしょうね。羨ましい。

 

 くるりのニューアルバムも購入予定ですので、その内感想の記事をアップするつもりです。

【ダビマス】もう一つだけ、北斗秘伝配合

f:id:KSHN:20180915115220j:plain

f:id:KSHN:20180915115234j:plain

 北斗秘伝配合やらのキーワードでこのブログに来られる方がいらっしゃるようなので、一応貼っておきます。ひょっとしたら北斗秘伝配合で強い馬を生産する配合とかを探していらっしゃるのかもしれませんが、今の所そんな北斗秘伝配合の強い馬は必要ないかなと思います。手持ちのそこそこ優秀な繁殖牝馬にストーリー一話クリアしたら貰えるホクトボーイを種付け、これでストーリークリアには十分なんじゃないかな。

【ダビマス】コラボイベントに関して一言だけ

 コラボイベントに関して攻略記事とか書くつもりはなかったんですが、やっぱり一言だけ書いておこうと思います。

 最近始めた方は、できれば☆5とか才能とか色々集めておきたい所ではありますが、最低限、☆4のヒデブッだけはここで集めておくと後々捗るかなと思います。以前このブログにも要望を書いた、メジロデュランの代わりになる使いやすいTeddy系の種牡馬です。どうやらヒデブッは一部の決戦!イベントで手に入るようなので、報酬確認をして報酬にヒデブッが含まれるレースに出走させましょう。まだ決戦!イベントに勝てるような強い馬を持っていない方も、他の方の強い馬と一緒にレースする事でおこぼれのボーナスがありますので、じゃんじゃん、ただし同じレースに自分の馬は一頭だけ、出走させると良いと思います。

 にしても、今後自分が作る馬の血統にヒデブッという名前が含まれると考えると、まぁ何とも言えない気持ちになりますね。

【音楽】PCスピーカーを新調した

 明日からダビマスではコラボシナリオも開始されますが、管理人多忙につき暫くの間は書き溜めておいた音楽ネタの記事のみになります。ご了承下さい。

 

 さて、今回は音楽周辺機器ネタです。私はこれまで音楽好きとしてヘッドホンやイヤホンにはある程度お金をかけてきたのですが、そういう耳に付けて聴く場合以外の手段、私はPCで音楽を聴きますのでPCスピーカーへの投資は恥ずかしながら疎かにしてきました。具体的に書くと、昔買ったSOTECのパソコンについてきたPCスピーカーをずっと使ってきました。まぁそこまでクソな音ではなかったと思いますが、褒められた物ではないですね。ですが諸事情ありそのスピーカーが使えなくなりまして、それならこの機会にちょっと良いスピーカーを新調しよう、という事で今回の購入に至りました。そして買ってから一週間経過し、大分音も落ち着いてきたかなという事で、この記事では現時点での感想などを記しておきたいと思います。

 という訳で今回買ったスピーカーがこれです。

kakaku.com

 リンクは価格.comになります。

 これを選んだ理由ですが、ブランド名とデザイン、あと価格.comの満足度が割と高かったからですね。正直適当です。まず簡単なスペックを書くとPCとの接続は音声ケーブル一本、電源はアダプタで自給になります。

 取り合えず音を鳴らし始めて暫くはモコモコの音なんですが、三十分も経たない内に音が落ち着いてきてくれます。でその落ち着いた音なんですが、このスピーカー低音がめっちゃ出ます。どの位かというと、近所迷惑で石投げられないか不安になるレベルです。数日経過してもその傾向が変わらないので、結局このスピーカーで音楽を再生する時はPCのグラフィックイコライザを掛ける事にしました。こんな感じのです。

f:id:KSHN:20180911185927p:plain

 このイコライザ設定は、これまで私がSonyのMDR-Z1000というやたら低音が出るヘッドホンで音楽を聴く時に使ってきたものです(私はMDR-Z1000に付属していた内長い方のケーブルを使ってます。MDR-Z1000もリケーブルすれば大分変わるとは思ってるんですがね)。250~1kがイコライザを動かしてなくて、それより低域では下げ、高域では上げてます。特に超低域は割と下げてますが、今回のスピーカーはこれでも低音十分出てる感じです。何ならもっと下げようかという考えも頭をよぎる位。という訳でこのスピーカーを買うならPCにイコライザの機能が必須というのが私の意見です。最近のPCのイコライザ搭載事情は良く分かりませんが、私のwin10の場合はコントロールパネルをいじってたらイコライザがありました。

 と、最初にいきなり難癖をつけてしまいましたが、それ以外は概ね満足してます。購入当初は中高域の音抜けが悪いように感じてたんですが、イコライザの効果もあり十分に抜けてくれるようになりました。あとこのスピーカー、とても静かですね。以前使ってたSOTECのは無線LANの電波とか拾ってたのか時折ノイズが出てたんですが、このスピーカーは電源ランプが無い事もあり、立ち上げてるのを忘れてしまいかねない程静かです。

 あと、付属のPCとスピーカーを繋ぐケーブルもそこまで悪くないかなと思います。たまたま同じ位の長さのケーブルでaudio-technicaの、型番は分からないんですけど1000円位で買ったケーブルを持ってるのでそれと比較してみたんですが、殆ど変わらないです。気持ちaudio-technicaの方が音がシャッキリするかなという位。いじれる所といったらあと電源ですかね。電源周りの微妙な差異を聴きとれるほど私の耳は上等ではないので、その必要性はよく分かりませんが。

 

 以上、PCスピーカーの感想でした。強いてこれをお勧めという訳ではないですが、もしも音楽好きで再生環境にはあまりこだわってこなかったという方がいらっしゃったら、少しスピーカーやヘッドホン、イヤホンに投資してみる事をお勧めします。超高価格帯は対費用効果という意味で難しくなってきますが、少なくとも一万円位までの範囲なら、投資する事による音の違い、音全体の迫力や聴こえてくる音の数、それぞれのクリアさといった違いは歴然だと思います。音が良いと音楽を聴くのがより楽しいですよ。

【ダビマス】サクラローレル1996を用いた三連続完璧配合 配合プラン作り編

 凱旋門賞制覇に向け、また何故か三強の内唯一果たせてないウマ娘化祈願の思いも込めて、次はサクラローレル1996を用いての配合にトライしてみたいと思います。ローレル1996は凄馬ではないし、あまりローレル1996を使って強い馬ができたって話を聞かないなんてのも見ましたが、気にせずトライです。この記事を大体書いた後に、ローレル1996の非凡な才能である「当機立断」が2400mで効力を発揮しないと知ってショックですけどやります。だってサクラローレルの子孫で凱旋門賞を勝つなんてロマンがあると思うから。正直、凱旋門賞というよりは天皇賞春向けの配合じゃね?とは思いつつもやります。

 今記事は配合の準備段階として、私がどのようにして配合を組み立てているかを書いていきたいと思います。目標は完璧な配合三連続です。まだ下手糞ですけどもし良ければ参考にしてみて下さい。

 なお、一応この記事を書く前にローレル使った良い配合無いかなーと軽く検索してみて見つからなかったので自分でこの配合を考えたのですが、もし同じような配合を発表された方が先にいらっしゃったら、すみません。

 

1.基盤となるテンプレ配合を探す

 今回はローレルを〆の配合で使う自家製種牡馬の父の位置に置きたいと思います。すると血統表はこのようになります。

f:id:KSHN:20180824150130j:plain

 青い字が見事の系統です。Nasrullahが二つ重なっていますが、まだ〆の種牡馬の血統にメジャーな血統であるRoyal Charger、NearcticNative Dancer、それにノヴェリストという優秀な種牡馬がいて組み込みやすいSwynfordが使えます。種牡馬の血統によっては完璧な配合が難しい場合もありますが、今回は是非完璧な配合を狙いたい所です。

 で、血統表の残りの埋め方ですが、私の場合基盤となる最初の完璧な配合から決めていきます。最初の完璧な配合の血統は、血統表の③と④の位置に入ります。この③と④、最初の完璧な配合の父あるいは母父に今回の見事系統であるNasrullahあるいはHampton、Nasrullah種牡馬が沢山いてある程度どうとでもなるので、優先すべきはHamptonを含んでいる完璧な配合を、テンプレ配合から探します。実は今回の配合はこの前記事にしたキングズ→ダンス自家製→タピット自家製の配合を進めている時に考案したものでして(この記事の草稿も、アイデアを忘れないようその当時作りました)、なので割とすぐ思いつきました。まぁアイデアを流用したとも言います。今回の最初の完璧な配合は、

Hampton or Nasrullah or St. Simon系牝馬

 ×

ゴールドアンドアイボリー

 ×

セイウンスカイ
 ×
キングズベスト
のテンプレ配合にします。

f:id:KSHN:20180824150240j:plain

 ③がNative Dancerに決まったので、残りの自家製種牡馬の見事血統の位置、⑥か⑧のいずれかがNative Dancerに決まります。どちらにするかは保留して次に行きます。

2.残ったNasrullah系を有効なクロスという観点で決める

 サクラローレル1996自身から発生する見事系統はNasrullahが残っています。よって①か②のいずれかにNasrullah系の種牡馬を入れます。ここで、できればサクラローレル1996の持っている因子とクロスを発生させたい

ダビマス全書 ~ダービースタリオン マスターズ 攻略データベース~

 今回の場合クロスを組み込みやすいのは、Nasrullahの血脈であるレインボウクエストボールドラッドでしょうか。父Nasrullah系でこのどちらかの因子を持っている種牡馬を各種ツールを使って探します。ボールドラッドは全て種牡馬自身から遠い位置に持っている種牡馬ばっかりで使えないのですが、自身の父にレインボウクエストの因子を持っている種牡馬クロコルージュがいます。

ダビマス全書 ~ダービースタリオン マスターズ 攻略データベース~

f:id:KSHN:20180824151000j:plain

 素晴らしい事に、クロコルージュを上図⑬の位置に入れると、二回目の配合の見事血統にSt. Simonが入り、キングズ完璧の繁殖牝馬と合致してくれます。もしくは父クロコルージュで自家製種牡馬を作って⑨の位置に入れるという手もありますが、取り合えず⑬の位置で行きます。これで第三の完璧な配合に長距離クロス、レインボウクエストの3×5を一本確保です。

3.二代目配合の見事系統を組み込む

 二代目配合の残りの見事血統の位置、⑩⑫⑯にNative Dancer、Teddy、Hamptonを入れていきます。ここで、サンデーサイレンスの直系孫の種牡馬は見事血統の⑩の位置にTeddyが入るという知識を使います。普通はサンデーの孫には見事血統にTeddyが入っている→繁殖牝馬の父をキングズベストにする、という流れかと思いますが、今回は逆ですね。サンデーサイレンスの血統を入れると、サンデー自身やHaloといったクロスを組み込みやすくなるのも利点です。

 という訳で、父サンデーでかつ自身の母母父にNative DancerまたはHamptonの血統を持つ種牡馬をツールで探します。ダビマスデータさんによると、Native Dancerの方は使いやすい☆3と4なら唯一マツリダゴッホがいますが、出来れば第二の配合〆の位置で安定Cは避けたいので保留。一方Hamptonの方は☆4だとスペシャルウィークエアシャカールバブルガムフェローマンハッタンカフェの四頭がいます。これらのいずれもキングズ牝馬、また現時点でローレル自家製とのクロスが発生しません(マンハッタンカフェなら自家製種牡馬を作る時にAllegedのクロスが生じますが、これだけでは決め手に欠けます)。よって取り合えずHamptonの四候補にする所までは決めるも、具体的には保留して次に行きます。

4.クロスが発生するように第二ラインの残りを埋める

 ⑫がHamptonと決まったので、残り⑯がNative Dancerに決まります。ここでクロスを組み込みたい。父Mr. Prospector繁殖牝馬は現在いませんが、父にキングマンボを持つ繁殖牝馬にミリタリーガールがいます。もしくはキングマンボ1993を使って繁殖牝馬を作ることも出来ますが、まぁこれは上級者向けですね。

 これで第二の配合に長距離のクロスが組み込めました。できれば更に第二の配合にスピード強化のクロスを入れたい。ここで第一の配合で出来た繁殖牝馬の血統を見ると、スピードアップのクロス因子として種牡馬側の血統に入れられそうなのに、ヌレイエフとKey to the Mintがあります。どちらも直仔の種牡馬がいるので比較すると、ヌレイエフ直仔の種牡馬はステータスがあまり良くない一方、ミリタリーガールとの配合でヌレイエフのクロスが発生します。一方Key to the Mintの直仔二頭の内、ジャワゴールドならばステータスが割と優秀かつミリタリーガールとNorthern Dancerのクロスが発生します。そしてヌレイエフ直仔だと第二の〆配合が見事な配合になる一方、ジャワゴールドなら完璧な配合になります。こういったあれこれを勘案して、今回はジャワゴールドでしょうか。実は当初ジャワゴールドとゴールドアンドアイボリーを逆に配置してたのですが、ここで少しでもクロスを発生させるべく入れ替えました。あと超太っ腹にここで☆5のヌレイエフ1987を直接投入という手もあります(第二の〆の見事な配合のスピードアップのクロスが濃くなります)が、ミリタリーガールとの配合が1×4の危険な配合になるので、まぁ止めた方が良いでしょう。

f:id:KSHN:20180824152059j:plain

 5.第三の配合にスピードアップのクロスをふんだんに盛り込む

f:id:KSHN:20180824152126j:plain

 ①にRoyal Chargerが入ったので、ローレル自家製の見事系統、⑥と⑧に入るのがNative DancerとRoyal Chargerに決まります。第三の配合は最後の〆ですので、スピードアップのクロスをふんだんに、目標としては短距離とスピードのクロスを最低一個ずつ盛り込めるように残りの血統を埋めていきます。

 第二の繁殖牝馬の血統を見ると短距離クロス因子としてHaloがあります。Haloのクロス因子を持っていてRoyal Charger見事血統と言えばマキャベリアン1989とキングヘイローです。

 この二つの内マキャベリアン1989を⑤の位置に入れると、最後の配合でHaloのクロス5×5に加えてMr. Prospectorのクロス4×5が発生、更にローレルを配合する時にRaise a Nativeのクロスが発生しますが、最後の配合が見事な配合になります。またマキャベリアン1989は☆5でコストが掛かりますね。強さの観点でどちらが良いのか悩ましい所ですが(マキャベリアンとローレルの非凡を両方受け継いでくれたりしたら最高かもと思ったんですが、ひょっとして両方が同時に働く事って無いのか。まぁ洋芝適性受け継いでくれればローレルの子孫で凱旋門賞という夢には近づけます)、今回はコスト的に手軽で最後完璧な配合が成立するキングヘイローで行きます。

 キングヘイローを⑤の位置に入れると、Lyphardの因子が残ります。サンデー直仔の四候補の中でLyphardの因子を持っているのがバブルガムフェローです。これで保留していた第二の配合が定まり、最後の配合でHaloとLyphardそれぞれ5×5のクロスが発生します。

 ⑥にRoyal Chargerが入るので、⑧がNative Dancerに決まります。ここで父キングマンボのもう一頭の繁殖牝馬、ムッチャホリデイを使う事も考えられますが、最後の配合で長距離クロスが二本になるとスピードクロスの数に対してトゥーマッチな感じになる事(長距離クロスはスタミナ大幅アップとスピードややダウンの効果があると言われています)、また能力的に自家製種牡馬の実績積みが相当辛くなるだろう事、更に言うとミリタリーガールとムッチャホリデイがこの配合やってる時に二つともセリに登場してくれるなんてのは奇跡的な確率であってまず有り得ないという事で、クロスの発生しない適当な強いNative系牝馬としました。最後に残ったのが⑦ですね。ノヴェリストなりノボトゥルーなり異系の種牡馬を入れます。これで完璧な配合三連続、完成です。

f:id:KSHN:20180824152657j:plain

f:id:KSHN:20180824152716j:plain

 今回の配合はかなり楽に組めた方だと思います。なんせ第二の〆、第三の〆以外の配合での自家製種牡馬の使用がゼロですからね。全体的にスピードのクロスが薄いのが気になりますが、スタミナはかなり盛り込めそうです。ただ最初の自家製種牡馬作るのが相当しんどそう。という訳で次はこの配合の実践です。

【ダビマス】テンプレ的配合で資金を稼ぐ その1 ウォーエンブレム編

 サブアカ牧場にノヴェリストが欲しいと思い、TTGそっちのけでお姉さんとお爺さんを集めているんですが、全然手に入りません。メインアカは気付いたら結構溜まってたんだけどなぁ。…ひょっとしてBC以外の強敵チャレンジとかで集めたんだっけ。マジか。

 

 さて、これまでのサブアカ牧場は種付け権を交換せず持ってる種を使って適当に世代を繋ぐ事が中心だったんですが、そろそろ大規模な配合もやっていきたいと思っています。すると種付け権が必要なのは勿論なんですが、資金も必要になってきます。タピット自家製の記事でもちょっと書きましたが、大規模な配合を行うと最終的には大規模な黒字なんですが、開始してからは暫くは赤字の状態が続きます。その赤字の状態を凌ぐために必要な資金が、ラインを最低限に絞っても50億、もしくはセリの牝馬を多用する配合なら100億以上でしょうか。今のサブアカ牧場では資金が全然足りてないので稼がなければなりません。

 資金を稼ぐためには、BCなんかでこまめに稼ぐのももちろん大事ですが、やはり安定して強い馬を生産できる体制を整えることが一番です。という訳で、そこまで大規模ではない、完璧な配合や見事な配合が一回もしくは二連続位の配合を作る事を当分目指していきます。ただ、何分サブアカ牧場はまだ始めたばかりなので種付け権が集まっていないんですよね。例えばサブアカ牧場にはまだキングズベストがいません。本当これだけでやれる事が相当制限されますね。なのでそんなサブアカ牧場でもやれる配合を探したり開発したりしながら進めていきたいと思います。

 

 という訳で前置きが長くなりましたが今回の配合です。今回は〆にウォーエンブレムを使ってみます。

 では配合のレシピを書きますと、

NasrullahまたはHamptonまたはSt. Simon系牝馬

 ×

St. Simon系種牡馬

 ×

セイウンスカイまたはフレッシュボイス

 ×

ウォーエンブレム

 以上でアウトブリード見事な配合になります。配合的には多少物足りない感じですが、ウォーエンブレムの実安がまぁまぁ良いので、これで十分行けるのではないかと考えました。

 一応書いておきますと、最初の二つは順番入れ替え可能です。今回はSt. Simon系の手持ちの種牡馬が実安CCしかいなかったので、途中でガクッと下がるより最初低い所から徐々に上げていった方が良いだろうと思い、入れ替えました。

 あと気付かれた方も多いと思うんですが、これキングズベスト完璧と全く同じ配合なんですよね。という事は、今のサブアカ牧場では選びようがありませんが、一般的にはどうしてもキングズ完璧と比べてどうなのかという話になります。

 それでは実際に行った配合です。

f:id:KSHN:20180909194940j:plain

 今回はフレッシュボイスとセイウンスカイ両方使いました。するとセイウンスカイを配合する段階でよくできた配合になりました。

f:id:KSHN:20180909195114j:plain

 今回ウォーエンブレムと配合した牝馬です。本当はウマゲノムも行って配合の可能性を確認すべきかとは思うのですが、今回の資金稼ぎの目標に明らかに反するので省略させて頂きますことをご了承願います。その代わりに貼る産駒の馬体解析も、二回も種付けすっぽかした事によりデータが少なくなってしまってるとか、本当度々すみません。

 では馬体解析の結果です。

f:id:KSHN:20180909195638j:plain

f:id:KSHN:20180909195658j:plain

f:id:KSHN:20180909195720j:plain

f:id:KSHN:20180909195740j:plain

f:id:KSHN:20180909195758j:plain

f:id:KSHN:20180909202746j:plain

f:id:KSHN:20180909195820j:plain

 これと比較対象のキングズベスト完璧ですが、ちょうどタピット完璧の過程でデータを取っています。

kshn.hatenablog.com

  この記事の初めの方に馬体解析の結果を貼ってますので、ご覧下さい。

 今回のウォーエンブレムの方が良い肌馬を用意できたんですが、それにも関わらずこの結果。ウォーエンブレムの惨敗です。この結果は思うに、種牡馬の質の差というのもあるのかもしれませんが、それより完璧な配合と見事な配合の差が表れたものかなと感じています。距離適性的にウォーエンブレムが勝りそうなスピードでもボロ負けですからね。

 という訳で基本選べるならキングズベストの一択って感じなんですが、唯一この配合の使い道があるとしたら、ウォーエンブレムの母父がFairway系である事でしょうか。もし見事血統にFairway系を持ってるそこそこの強さの牝馬が欲しい、なんて時には良い配合かもしれません。本当そこそこですけどね。

 

 という訳で初回にして大失敗、そしてキングズベストの偉大さを思い知った訳ですが、めげずに続けていきたいと思います。次はもうちょいマシな結果を出したいです。