【ダビマス】ガリレオ2001を〆に使い相性完璧に再トライする

 という訳で予告していたガリレオ2001を〆に使ったダブル完璧です。相性完璧については私がトロトロとプレイしている内に結構な数の実践報告がなされ、既にスピ十分が出る事も確認されています。なのでこの記事の焦点としては、どういうダブル完璧なら跳ねるのか?ですね。ただ正直、この配合は元々スピ十分とかUMAとかそんな高望みして組んだ配合では無いんですよね。狙いとしては「勇往邁進」持ちのAAを生産して、それなら凱旋門賞勝てるんじゃないかというものでした。勿論配合考えた後でニックスの仕様変更が入って予想外に跳ねてくれるとすれば大歓迎でしたが。

 それでは今回行った配合の紹介に移ります。

 まず第一の繁殖牝馬のラインが

Hampton系牝馬

 ×

ジャワゴールド

 ×

メジロデュレン

 ×

ファンタスティックライト

 それと配合する第一の自家製種牡馬のラインが

St. Simon系牝馬

 ×

Na、Haなど異系種牡馬

 ×

ゼニガタチェイサー

 ×

サドラーズギャル×サンデーサイレンス

 さらにそれと配合する第二の自家製種牡馬のラインが

Herod系牝馬

 ×

Ha、Swなど異系種牡馬

 ×

サムライゴエモン

 ×

ガリレオ2001

 以上です。

f:id:KSHN:20190704190115p:plain

 血統表はこんな感じです。

 成立する配合は、第一の〆が完璧な配合にニジンスキーの3×5とキートゥザミントの4×4、第二の〆が完璧な配合にHaloの4×5とNorthern Dancerの5×5、ニジンスキーの5×4、第三の〆がダブル完璧な配合にサドラーズウェルズの3×5とHaloの4×5、あと今回はガリレオ種牡馬化は上の血統表の通りの配合で行ったんですが、それだとガリレオ直のところも相性完璧となりました。

 第一の自家製種牡馬の起点ですが、ムーブユアボディで代替すれば第二の〆にキートゥザミントの5×5×5を付け加える事も可能です。ですが今回の配合だとその前の種牡馬作りの過程で跳ねる要素が全く無いので、いくらサンデーが枠四でも実績積みが苦戦するだろうと考え、それならばクロスは諦め強い肌馬を生産して実績を確実に残す事を選択しました。以前似た様なシチュでムーブユアボディ選んで苦戦したので今回は回避したんですが、ただ今回はクロスが5×5×5なんですよね。クロスを選ぶ場合のメリットも大きくなると思われます。できればキートゥザミント持ってたら肌馬を自作したいところですが。

 血統表を見てお気付きになられた方も多くいらっしゃると思いますが、今回の配合の肌馬の血統ですが、かなりファンタオルフェと似た様な感じになってます。あれこれ試行錯誤してたらたまたまそうなったというのが実情なんですが。ノーザンダンサー系〆でニックス完璧を狙う場合、ファンタオルフェをベースに考えてみるというのは手っ取り早い手法として有りなんじゃないかと思います。ただ、以前もファンタオルフェにノーザンテースト(普通の凄馬のです)の二回薄めをやって、あんまり上手く行かなかったんですよね。もし今回も上手く行かないようだとひょっとして配合として良くないのかもしれないという可能性が浮上しますが。

 

 それでは配合の実際の紹介に移りますが、最初のファンタ完璧は同じような配合をもう結構な回数記事にしているので、詳しくは割愛させて頂きます。もしどんな感じか詳しく見てみたい方は、

kshn.hatenablog.com

kshn.hatenablog.com これらの記事の初段配合が今回の配合とほぼ同じなので参考にして頂けたらと思います。

 後継に選んだ牝馬ですが、

f:id:KSHN:20190704193838p:plain

f:id:KSHN:20190704193913p:plain

 この2頭としました。1頭は跳ねたんですけど、もう1頭スタミナ跳ねた牝馬を確保できず。

 

f:id:KSHN:20190704194115p:plain

 サンデー薄め一回目です。まぁサドラーズギャルなんでCCくらいは確保できるかと思います。

f:id:KSHN:20190704194305p:plain

 GⅠ8勝させたのにまた実績落ちたギャー!!うーん、80%って割と当てにならないですね。やっぱり二回薄めの一回目は実績の飾馬使った方が良いんですかねぇ。

f:id:KSHN:20190704195045p:plain

f:id:KSHN:20190704195108p:plain

 サンデー二回薄めは5頭準備しました。実安BA3頭BB1頭CA1頭です。

f:id:KSHN:20190704195444p:plain

 第二の〆は完璧な配合にHaloの4×5とNorthern Dancerの5×5、ニジンスキーの5×4です。

f:id:KSHN:20190704195712p:plain

f:id:KSHN:20190704195729p:plain

 BA牝馬のウマゲノムです。種牡馬の実安は上から順にBA、BA、CA、BB、BA。スピードは実績低いからしょうがないのかなと思うんですが、スタミナが物足りないですね。スタミナ伸びると聞くサンデーにスタA牝馬なんですが。

f:id:KSHN:20190713121212p:plain

f:id:KSHN:20190713121232p:plain

 BA牝馬の繁殖実績です。全部実安BAです。

f:id:KSHN:20190713121436p:plain

f:id:KSHN:20190713121506p:plain

f:id:KSHN:20190713121528p:plain

f:id:KSHN:20190713121548p:plain

f:id:KSHN:20190713121620p:plain

f:id:KSHN:20190713121649p:plain

 一頭スクショ忘れ

f:id:KSHN:20190713121756p:plain

f:id:KSHN:20190713132851p:plain

f:id:KSHN:20190713132926p:plain

f:id:KSHN:20190713132950p:plain

f:id:KSHN:20190713133013p:plain

f:id:KSHN:20190713133037p:plain

f:id:KSHN:20190713133201p:plain

 BD牝馬の繁殖実績です。種付けした種牡馬は順にCA5回、BB5回、BA2回です。

f:id:KSHN:20190713133502p:plain

 牝馬一頭スクショ忘れ。そこそこ強かった模様。

f:id:KSHN:20190713133626p:plain

f:id:KSHN:20190713133651p:plain

f:id:KSHN:20190713133723p:plain

f:id:KSHN:20190713133741p:plain

f:id:KSHN:20190713133813p:plain

f:id:KSHN:20190713133844p:plain

f:id:KSHN:20190713133911p:plain

f:id:KSHN:20190713133939p:plain

f:id:KSHN:20190713134000p:plain

f:id:KSHN:20190713134030p:plain

f:id:KSHN:20190714094747p:plain

 という訳で25頭生産してスピA3頭(スクショ忘れの内1頭もひょっとしたらスピAかも)という結果でした。十分などは無し。片方はスタA牝馬だったのにスタミナがイマイチでしたね。ウマゲノム通りの結果なんですが。後継に選んだのは、

f:id:KSHN:20190713134536p:plain

f:id:KSHN:20190713134633p:plain

 この二頭としました。ACの牝馬もいていつもならそっちを後継にする所ですが、今回は目標が凱旋門賞だったのでスタミナを優先しました。

 

f:id:KSHN:20190713134855p:plain

f:id:KSHN:20190713134907p:plain

 ガリレオ自家製は4頭準備しました。上に貼った血統表の通り配合を進めたんですが、スピスタCBとかで実績積みはかなり楽でした。でその結果として実安全頭完全キープ。多分初ですね。

f:id:KSHN:20190713135134p:plain

 第三の〆はダブル完璧な配合にサドラーズウェルズの3×5とHaloの4×5です。以前別の配合で短のみ非5×5でもスピ119までは確認できてます。今回はスピ十分行けるかどうか。

f:id:KSHN:20190713135416p:plain

f:id:KSHN:20190713135432p:plain

 AB牝馬のウマゲノムです。…あれぇ?スピードもイマイチ伸びないし、何よりスタミナ、長距離クロスも入ってるのにロクに上がらない、寧ろ母より下がるかもって何なのか。安定Bではありますが、Bっていつもこんな悪くないと思うんですが。BBの方もウマゲノムしましたが、似たようなものでした。

f:id:KSHN:20190713140045p:plain

 AB牝馬の繁殖実績です。全部実安ABです。

f:id:KSHN:20190714094108p:plain

f:id:KSHN:20190714094257p:plain

f:id:KSHN:20190714094337p:plain

f:id:KSHN:20190714094357p:plain

f:id:KSHN:20190714094444p:plain

f:id:KSHN:20190714094504p:plain

f:id:KSHN:20190714094526p:plain

f:id:KSHN:20190714094552p:plain

f:id:KSHN:20190714094619p:plain

f:id:KSHN:20190714094704p:plain

f:id:KSHN:20190714094909p:plain

f:id:KSHN:20190714094949p:plain

 最後にBB海外スピ牝馬の繁殖実績です。これも全部実安ABです。

f:id:KSHN:20190714095353p:plain

f:id:KSHN:20190714095416p:plain

f:id:KSHN:20190714095440p:plain

f:id:KSHN:20190714095507p:plain

f:id:KSHN:20190714095533p:plain

f:id:KSHN:20190714095559p:plain

f:id:KSHN:20190714095621p:plain

f:id:KSHN:20190714095642p:plain

f:id:KSHN:20190714095704p:plain

f:id:KSHN:20190714095751p:plain

 という訳で20頭生産してスピA3頭、スタAゼロ頭という結果でした。スピAはどれも110以上とか駄目元でも凱旋門賞に出してみたくなるようなのは一切無し。

 

f:id:KSHN:20190714100528p:plain

 という訳で今回の配合は、ダブル完璧でもサッパリ駄目な事もあるというある意味当たり前の事実を証明するに留まりました。うーん、ニックスの仕様変更と聞いた時はワンチャンこの配合行けるんじゃね?と思ったんですが。

 私が思うに配合が上手く行かない理由は

1)種牡馬が良くない

2)繁殖牝馬が良くない

3)その組み合わせとしての配合が良くない

のどれか、あるいは重複だと思うんですが。その内2)は今回片方はAB牝馬とか使えたんで問題になるほどではないと思うんですよね。なので1)か3)かと思うんですが。1)ですけど、ダビマスでガリレオに関してポジティブな話ってあんま聞いた事無いんですよね。息子のフランケルと違ってガリレオって日本での活躍馬って皆無(ですよね?)なんで、その辺が隠しパラメーター的なものに加味されてるのかなとか推察もできますが。それともガリレオでスピ十分とか誰か達成されてるんでしょうか?あと3)、今回はファンタオルフェに近い血統の牝馬を使ったんですが、他の方とかノーザンダンサー系〆のダブル完璧の時どういう風に牝馬作ってらっしゃるんですかね?情報収集してみたいと思います。

 二度やって二度失敗した相性完璧ですが、もう一個会心の出来の配合案がありまして、もう一回それだけはトライしたいと思ってます。ただ血統表で一カ所足りない種牡馬があるんでそこを手に入れてからですが。次の記事は八月初旬、またも公式BCとか無視した独自テーマの配合を二本お届けする予定です。

【音楽】名曲・名演セレクション その74 The Doors / The End

 ダビコミュとやらに登録しようとしたけど上手く行かなくて途中で放棄した管理人です、皆様こんばんわ。Twitter連携は嫌なのでメルアドで登録しようとしたんですが、何か設定した覚えのないPWの入力を求められるんですよね。良く分からん。また気が向いたらその内再トライします。

 あとダビマスキャラバン始まってますね。私も参加を考えたんですが、前半後半ともに試験日程とダダ被りなので断念しました。皆様がネットに上げる報告を楽しみに待ちたいと思います。

 


The Doors - The End (original)

 The Doorsの1stアルバム(セルフタイトル)の最終曲。

 The Doorsというと60年台後半米西海岸を代表するロックバンドの一つですね。演奏面でも詩的表現でもロックの表現の深化を代表するバンドと言って良いかと思います。東海岸The Velvet Undergroundとシンクロするものがありますね。Jim Morrisonの奇行によってセンセーショナルに語られがちなバンドではありますが、音楽的な実力もお聴きの通り確かでしょう。

 でこのThe Endですが、ご存知の通りエディプス・コンプレックスを題材としセンセーションを起こした一作です。それ抜きでも次第に高まっていく音楽はとても良くできてると思いますが。TelevisionのMarquee Moonもこの曲にインスパイアされてできたのかなとか想像します。もしこの曲聴いてもピンと来ない方は、是非映画『地獄の黙示録』を観て頂きたいです。The Endがとてもカッコよく使われてますので。私も実は『地獄の黙示録』観るまでは大して良いと思ってなかったんですが、映画観てThe Doorsの良さを再発見するに至った次第です。映画も傑作と名高いですしね。もし良ければ三連休残り二日の暇潰しにどうぞ。

【ロマサガRS】近況など その3

f:id:KSHN:20190713113853p:plain

f:id:KSHN:20190713113909p:plain

f:id:KSHN:20190713113924p:plain

f:id:KSHN:20190713113938p:plain

f:id:KSHN:20190713114310p:plain

 という訳で水着ガチャ、回すかどうか様子見てたんですがイド・ブレイク上方修正が良さげという情報を見て回す事としました。今回は35連で済んでありがたかったです。まぁ先月のアセルスと白薔薇が両方天井近くまでだったんで、こういう事があっても良いでしょ。

f:id:KSHN:20190713114901p:plain

 コッペリア、相当面白いですね。元からの傍若無人口調にあの間の抜けたイラストが組み合わされる事で、何とも言えないマリアージュがあるなと。聖塔コッペリアのストーリー見てたらコッペリアSSが超欲しくなったんだけど、七月後半のガチャも強キャラ来るかもしれないんで、ちょっと様子見ます。

f:id:KSHN:20190713115819p:plain

f:id:KSHN:20190713115835p:plain

 もうウサギは諦めます。一応15までオートで回せるようには持って行ったんですが、15じゃさっぱりメダル落ちないし。やってて不毛過ぎる。水着リズも手に入れた事だし、あと二日弱で水紋の弓確保を目指したいと思います。

【音楽】名曲・名演セレクション その73 bloodthirsty butchers / 七月

 更新が遅くなってすみません。最近やたらしんどかったんですが、ひょっとして暑さでバテてるんじゃないかという事にようやく気付いた管理人です、皆様こんにちわ。ガリレオの相性完璧配合の記事も取り掛かってはいるんですが、なかなか進まず。何とか近日中にポストしたいのですが。

 

 今回の名曲・名演セレクションは私的イントロのギターコード一発で持って行く曲、A hard day's nightを上回るベストワンです。

 


bloodthirsty butchers - 七月(July) w/ Translation

  bloodthirsty butchersの4thアルバム、kocoronoの6曲目。

 bloodthirsty butchersは日本のオルタナティブロックバンド。メンバーは

・吉村 秀樹…Vo. / Gt.

・射守矢 雄…Ba.

・小松 正宏…Dr.

の北海道出身三名に加え、2003年にNumber Girl

・田渕 ひさ子…Gt.

が加入。ハードコアやらSonic Youthやらの影響を咀嚼し進化しまくったサウンドで、ミュージシャン含め玄人勢からの支持が高かったバンドでした。例えばこのブログで取り上げた事のある面子でもNumber Girlの向井が多大なリスペクトを表明、Rage Against The Machineはライブでの前座に指名。Syrup16gはアルバムの楽曲に吉村をゲストとして招いてます(Mouth to Mouseの2曲目、『リアル』)。残念ながら2013年の吉村の急死でその歴史は途絶えてしまったんですが、これからもその名が語り継がれていくのは間違い無いかと思います。

 でさて、kocoronoは一月を除く十二か月各月をテーマにした楽曲を一曲ずつ収録するというコンセプチュアルな作品でして(『一月』がボートラとして入った再発版もあります)、その中でのハイライトがこの『七月』でないかと思います。イントロ始め変則チューニングによる不思議なギターサウンドも耳に残りますが(D#-G#-D#-G#-C-Fらしいです)、何と言ってもベースラインが最高ですよね。アルペジオを多用する抒情的なライン。最高だからもっとみんなパクれば良いのにと思ってるんですが(まぁスケールの短いムスタングベース使ってもよっぽど手が大きくないと真似は難しそうですが)。という訳でギター、ベース共にとても魅力的なこの『七月』ですが、昔ギターマガジンにtab譜が採録された事があります。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 01月号 [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 01月号 [雑誌]

 

  これですね。私もこれ欲しいと思ってるんですよね。その内財布に余裕がある時に買いたいです。ベースのtabは載ってないみたいですが、まぁ気合で何とかして頂ければと思います。

【雑記】しゃっくりが止まるメカニズム解明 福岡・聖マリア病院の医師

しゃっくりが止まるメカニズム解明 福岡・聖マリア病院の医師(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

<以下引用>

 大渕医師によると、安全性を確認した上で、重症の男性患者2人に袋を使って自分が吐いた息を吸わせ続けたところ、3分前後で症状が改善。同じ条件に置いた成人男性の血中CO2濃度を測定すると、通常は低い動脈血の濃度が上昇し、3分前後で静脈血と同じになった。「CO2濃度が上がり、大脳が窒息回避の指令を出したため延髄の活動が抑制されたと考えられる」と分析。昨年、英国と中国の医学誌に発表した。

<以上引用>

 んー?PaCO2が増加したら延髄の化学受容器で感知されて換気量増大の方向に働くんじゃないの?それともCO2ナルコーシスってやつが働くの?でも静脈血と同じ程度って43~48mmHgくらいだよね。『人体の正常構造と機能』にはCO2ナルコーシスは80mmHg以上って書いてあるし。良く分からん。

 しかしあれですね、今後検証が進んで正しさが認められればイグノーベル賞間違いなしですね。

【音楽】名曲・名演セレクション その72 Incubus / Megalomaniac (Live)

 水着ガチャ?興味ねーし!とか硬派ぶっていたけど、いざラインアップ見てみたらめっちゃ引きたくなった管理人です、皆様こんばんわ。ただ課金するのは来月の予算的に厳しいんで、プラチナピックアップの先行情報見てから回すかどうか決める予定です。ダビマスも一応軽くガチャ回してみましたが、全く当たらず。最近ガチャで良い種牡馬が引けないんで、新たな配合を考える意欲が沸かないんですよね。用意してる良さげな配合も足りない種牡馬があってできないし。オーナーブリーダーとか種牡馬交換券とか最近の試みは有り難いんですが。あぁ、オーナーブリーダーは初心者さん向けにとても良いですね。ダビマスで弱かった初心者向けチュートリアルを上手く補完してると思います。あとは完璧な配合とかヘルプへのリンクとかあっても良いと思いますけどね。

 


Incubus - Megalomaniac (from Look Alive)

 Incubusの4thアルバム、A Crow Left of the Murder...の1曲目。この映像はLook AliveというDVDのものですね。

 Incubusは米西海岸出身のロックバンド。イケメンVo.のBrandon Boydが目立ちますが、楽器隊も腕利き揃いです。つうか米の特に西海岸出身のバンドは皆やたら上手いという印象があります。ローカルシーンの競争が激しいから切磋琢磨して腕が鍛えられていくのかなと思ってるんですが。Incubusの当初はラップメタルと呼ばれるバンドの一つでしたが、胡弓やらアコースティックなサウンドだったりサイケな響きを取り込んだりして現在に至るという感じです。今回取り上げる4thアルバムは発売当時The Mars Voltaに接近したとか言われていた記憶があります。

 で、この曲に関して私が書きたい事は簡潔です。18歳以上の皆さん、今度の参院選、投票に行きましょう。以上。

【陸上競技】2019日本選手権男子100m決勝 サニブラウン選手が圧勝 動画

 一応ご存知無い方のために書いておくと、短距離走はトラックが濡れてるとタイムは低下する傾向があります。スパイクにピン付いてるのに滑るの?ってのは自分的には正直イマイチしっくり来ないんですが。しかし決して失敗レースという感じではなかった桐生をこれだけちぎるとは。ちょっとサニブラウンの速さ、強さはこれまでの日本男子の尺度じゃもう測れないですね。世界選手権はまた日本記録が拝めそうな気がします。ってその前に明後日の200mか。