【音楽】名曲・名演セレクション その22 Mansun / Six (Album Ver.)

 某所のウマ娘総選挙ですが、一位ライスシャワーは私的に意外でした。ライス、人気あるんですね。不幸属性のキャラに弱いって人が多いんでしょうか。でももしそうだとすると、Fateシリーズの桜はもうちょい人気があって良いと思うんですが。それとも私が知らないだけで、最近は桜も、問題無く映画で主演張れるくらいに結構人気あるんですかね?まぁ私もスズカ一位投票で桜が好きな不幸属性に弱い男なんですが。もし奇特な方がいらっしゃったら、私が投じた票も投票ページの中に埋もれてますんで、探してみて下さい。

 


Mansun - Six (album version)

 ブリットポップ後期にデビューした英のカルト(と書くには随分売れてますが)バンド、Mansunの2ndアルバム、Sixの1曲目。ちなみにSixというのは昔の英のカルトTVドラマ、プリズナーNo.6から取ったもの。この記事書いてて、一度ドラマを観てみたいと思ってたのを思い出しました。スマホ動画の定額配信サービスで観れるのがあるみたいですが、私としてはせめてパソコンで観たいですね。もしくはFire TV Stickってのを買えばテレビで観れるみたいですが、このドラマだけのために五千円は流石に払えないです。何か良い視聴法を見つけたらその内記事にするかもしれません。

 もしあなたが刺激的なロックとの出会いを求めていてまだMansunのSixというアルバムを聴いた事が無いなら、是非聴いてみる事を勧めます。まずは上の動画を再生してみて下さい。目まぐるしく変わる曲展開に驚かれたのではないかと思います。他のミュージシャンの作品で例えるならRadioheadのParanoid AndroidとかQueenBohemian Rhapsodyみたいな激しい曲展開の変化が、このSixというアルバムではアルバム全体70分間ずっと続きます。最初は面食らって曲の構成も頭に入らないかもしれませんが、大丈夫です、基本どのパートもキャッチーですし、すぐジェットコースターみたいな展開を楽しめるようになります。90年代後半からPro Toolsというソフトを用いたハードディスクレコーディングという手法が音楽制作の現場で一般的になるのですが、恐らくこのアルバムもその新テクノロジーの恩恵を大いに受けた作品なのではないかと思います。サウンド面で言うと、Dominic Chadのギタープレイもこのアルバムを語る上で欠かす事のできないものです。エフェクトを駆使しまくった万華鏡のようなギターサウンドと、決して高度にテクニカルという訳ではないんですが、ツボを押さえたギタープレイがカッコよく楽曲を盛り上げますね。結構Chadのプレイをコピーするの楽しいんで、ギタリストにも聴いてみる事をお勧めです。

 以上サウンド面でSixというアルバムを語ってきましたが、このアルバムを愛するリスナーにとって最もアルバムのイメージを決定付けているのは、Vo./ Gt.のPaul Draperが書いた詩ではないかと思います。何でも歌詞のネタに困って、マルキ・ド・サドやら道教の本やらからネタを拝借して書き上げたらしいのですが、その結果できた歌詞がロック史上他に類を見ないとんでもないものになってます。例えば今回取り上げてるSixという曲の歌詞はこんな感じです

 

人生は結局妥協だ×4

そしてそれは偽り

僕はそれをすべて受け入れる

 

 ネガティブとかそういう次元を通り越して、人生の本質をどこまでも冷徹に解き明かしてしまったって感じですね。特に歌詞はLegacyという曲がとんでもない事になってます。こういうエグい歌詞をキャッチーなメロディーに乗せて歌うから、癖になるんですよね。あと歌詞にサイエントロジーという単語が現れたり、信仰について歌った曲のタイトルがCancerだったり、宗教方面にケンカ売りまくってます。日本人は余りそういうの気にしない人が多いですが、英だと反発が大きかったんじゃないでしょうか。事実宗教にケンカを売るのは次作以降見られなくなります。

 という訳でブッ飛んだサウンドにブッ飛んだ歌詞が載った、でも完成度は高いというとんでもない作品がSixというアルバムなんですが、このアルバム、本国よりも日本の洋楽リスナーにより価値を認められてるのではないかと思います。昔は月刊だったCrossbeatという音楽誌で年間ベストアルバムという企画を(Rockin' onが始めるよりずっと前から)やってたんですが、このSixは98年の読者が選ぶベストアルバムの一位になってるんですよね。まぁこのアルバムが年間一位ってなかなか凄い読者層だなって感じもありますが。

 ちなみにPaul DraperはMansun解散後ずっと沈黙してきたんですが、昨年ついにソロアルバムをリリースし、今年はMansunの1stアルバムの再現ライブをやったりと、ここ数年活動が活発化しています。でその再現ライブを撮った映像がYouTubeにあったんで観てみたんですが、Paulのルックスが熊のようになってました。Paulのルックスに対しても思い入れのある女性ファンは動画を観ない事を勧めます。まぁアルバムの方は思い出基準で聴いても十分満足できるデキだと思いますよ。